【レビュー】LINEマンガミステリー・ホラー部門 無料マンガ12作

こんにちは。WEB漫画大好き!AOKOちゃん(@aoko_info)です!
実は地味に読んでいるLINEマンガ。結構読破した作品が増えたので、ここらでレビューをば。

漫画の技術や絵のクオリティは知識がないので軽く触れる程度に。(あまりに気がかりな場合は書いてます)
あくまで感想は完全に独断と偏見。完結作品のみに絞り紹介しております。たまに辛口もありますが悪しからず。。
☆の評価も1個人の感情ですのであまり参考にならないかも。正直に書いていきます。

(※各作品はサムネイルクリックで飛べますゾ(公開終了の作品もあります))

「悪縁」ファン・ジュノ

悪縁|完結作品|LINE マンガ

ーー” サイコパス 連続殺人犯 そしてめぐり合う人たち “ (公式抜粋)

怖い ★★☆☆☆
グロ ★★★★☆
ミステリー ★☆☆☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★★★☆☆

独特な間合いを持つジュノ先生の作品。登場人物はほぼ二人の男女。冒頭で登場する子供が物語のラストに繋がっているとは驚き…とは思わず少〜し予測できましたが、物語全体の流れは予測できそうでちょっとだけ奇妙に裏切られる感触が心地よいです。
登場する男女各々の過去は至極壮絶で、まぁ二人ともこうなっちゃうよねという妙な納得感の元、特に同情もせず淡々と読めてしまいます。(それがジュノ先生の独特な間合いですな)
内容自体は残酷そのものですが、表情の少ないキャラクター達の姿とあまり細かい描写の無い構成が「怖い」ではなくただ「居心地が悪い」という気持ちになります。さながら、窓枠の外から家の中を眺めているような。
女のキャラクターが深く考えずあくまでも精神的な慢心のため毒殺を通すところが個人的に好き。救いはないけどさっくりと読める悪人ホラーです。
 

「衣領樹」キム・ウジュン

衣領樹|完結作品|LINE マンガ

ーー” 絶えず起こる事件とその事件を解決していく一人の男の推理ドラマ “ (公式抜粋)

怖い ★☆☆☆☆
グロ ★★☆☆☆
ミステリー ★★★☆☆
感動 ★★★☆☆
オススメ ★☆☆☆☆

話が良い分、1つ1つの事件で変にもたつく所が気がかりかなぁ。最終的には「えっ…」と胸糞悪くなるようなこれまた救いのないお話(笑)。
切ないストーリーに定評があるような評価がされてますが、推理ミステリー好きにはちょっと”なにこのトリック的”な矛盾があるのであまりそういうのを気にせず読める方にはいいのかも。ただ、過去話が長い…どれか1つ抜いても良かったのではないかな〜。
全体的に細かい所を気にしないならさくさくと読めて面白いですが、サイコパスな若者の人物像がよくわからなくて勿体無いというか……設定や人物は良いけど話の流れ的にもう少し重要人物の1人1人を丁寧に描いても良かったのではないかなと。
ん〜惜しい!という感じですが、読んでみても損はなく、恐らく感動部分に個人差があるのでお試しあれ。

 

「小説家J」オ・ソンデ

小説家J|完結作品|LINE マンガ

ーー” 命に代えて得た生 苦しみと暗黒だけが存在する世界。絶望の端でJの孤独な死闘が始まる。 “ (公式抜粋)

怖い ★☆☆☆☆
グロ ★☆☆☆☆
ミステリー ★☆☆☆☆
感動 ★★★★★
オススメ ★★★★☆

人間の魂だけをPCに移す、犯人が顔を整形して主役の男になりきるなど「なるほどそうきたか…」というソンデ先生のリアルと不思議ワールドが混ざったドラマのような作品。本作のあらすじを人に話すだけでも面白いので、なかなか良作かと。映像化しても見てみたい一品。ていうかソンデ先生ってこんな綺麗な絵が描ける方なのね(笑)。
良い意味で人の汚いところと綺麗なところが絶妙に描かれ、不安定な木の上に造られた家をハラハラしながら眺めているような気持ちになります。
ただ、ラストがなぁ〜…結果的にそうなるのはまぁ収めた感があるけど、冒頭から救われない展開で中盤もめちゃくちゃ色々救われないのに最後もかい!普通に可哀想かよ!という…(笑)
解決したはずなのにどこまでもスッキリしないのはソンデ先生の特権でしょうか。怖いのに泣けちゃう要素もあるドラマ性のある作品。是非。

 

「優越な一日」Team Get Name

優越な一日|完結作品|LINE マンガ

ーー” 平凡な男の、平凡でない一日を描くスリラー。 「今日、あなたはどれほど優越でしたか」 “ (公式抜粋)

怖い ★★★★☆
グロ ★★★★★
ミステリー ★★☆☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★★★★☆

ん〜グロい!(笑)グロ耐性のある私でもちょっと顔を顰める猟奇的殺人が多々あったり冒頭から色々追い込まれたりするので、精神に余裕がある場合にどうぞ。
猟奇好きにはまぁまぁオススメしたい一作。前半部分はさっくり状況把握して、後半の展開を楽しんでもらいたい。メインキャラクターに関わる人が増えてもわかりやすいので構成も良いです。
ただもうサイコパスのイケメン男が漫画上のことでありながら、怖いというよりも”絶対関わりたくない”という気持ちにさせます。他作品にも当たり前のように登場する”サイコパス”ですが、この記事で紹介する作品の中でもこの彼が個人的に一番恐ろしかった。
娘を救出する云々というよりも、あくまでも1つのアパートという狭い舞台の中でしかない物語でありながらそれが逆に自分の隣近所はどんな人だっただろうか…と思ってしまうような全体的な不安感が面白い作品です。ラストを観る限りまだ続きがあるみたいですが、精神的に余裕があったらまた拝読したいです(笑)。

 

「後遺症」キム・ソングォン

後遺症|完結作品|LINE マンガ

ーー” 事故による”不思議な”後遺症で彼の人生は狂い始める “ (公式抜粋)

怖い ★☆☆☆☆
グロ ★☆☆☆☆
ミステリー ★★★☆☆
感動 ★★★☆☆
オススメ ★★★★☆

当初は正直、冒頭から「いや〜これは読まなくていいかな」というグダグダ感がありますが…いや、面白いです!冒頭で折れず読み進めさえすれば!(笑)
他人の死が見えるという設定、一見ありがちかな?と思わせるようで、ああなるほどこういう展開に持っていくのねと思わず関心してしまいました。主人公の移り変わりをこう描くのはなかなか新鮮。
基本的に男女3人を軸に描かれる展開は、”あくまで自分以外は自分を形成するための素材である”というメッセージでありながら、その素材が無ければ自分という価値や評価が無いというのを再実感させられます。そして他人は正直であり嘘つきであると。
面白さの説明が難しいのですが、ひとまず後半の意外な展開だけでも読む価値のある作品ですので是非に。ラストもなかなか挑戦的です。

 

「恐怖のミステリー地下鉄」タヌ

恐怖のミステリー地下鉄|完結作品|LINE マンガ

ーー” 地下鉄ファンス駅が開通して以来、59日ごとに人が自殺する。これが偶然だと?お化けなど信じないが、幽霊でもなんでも、早く止めなければ数日後また誰かが自殺するかも! “ (公式抜粋)

怖い ★★★★☆
グロ ★★☆☆☆
ミステリー ★★★★★
感動 ★★★★☆
オススメ ★★☆☆☆

この作品、タイトルと概要文で損してるよね!「恐怖のミステリー地下鉄」て!「また誰かが自殺するかも! 」て!確かにそうだけど!もっとなんか素敵な和訳無かったもんかね!と思ってしまうほどなかなか読み応えのある物語でした。(正直、絵柄で損してるような感じも個人的にある)
ズバリ、ホラーの王道”なんかよくわからないものに追われる”ストーリーです。当初はなんかよくわかんないけどおもろいのコレ〜?と思いましたが、なるほど気づけば登場人物に同情しちゃってたり。自殺やら監禁やら、あくまで王道を通るルートで妙な安定感を持たせつつ、ラストの展開に「やりやがったな」と一言。
なんだかんだで他作品とは違って猟奇的ではなく恋愛要素もあったりするので、少し休みたいときに読みたいホラー。どちらかと言うと女子の方が登場人物に共感できて面白いかも。ちなみに私はちょっと泣いた。

 

「今、我が学校は」ドングリ

今、我が学校は|完結作品|LINE マンガ

ーー” 平凡な学校で起きた監禁事件。そして、監禁事件に隠されて知られなかった感染者。 学校はもう感染者たちに囲まれて逃げる場所がない!そして…今、我が学校は “ (公式抜粋)

怖い ★★★☆☆
グロ ★★★★☆
ミステリー ★☆☆☆☆
感動 ★★★★☆
オススメ ★★★★☆

いやサムネイル怖ッ!!絵柄は好みが左右するかもしれません。
いわゆるゾンビ漫画。ですがなかなか作りこまれてて良作。学校に閉じ込められた子ども達の極限状態が面白く、話数はそこそこ多いですがテンポが良いのでどんどん読めちゃう印象です。登場人物一人ひとりの感情と行動にしっかり作者の次の手が組まれていて、よく考えてあるなと。
この作品は漫画だからこそ面白い作品なんだろうなぁと思います。実写化されたら急にコレジャナイ感が出てしまいそう。この絵柄、言い回し、舞台があるからこそ面白い。ただただグロいオモシロ漫画ではなく、ラストも投げずしっかりと描かれていて良いですね。個人的にゾンビ菌への抗体がある人間がめちゃくちゃ活躍するところが新鮮で好きです(笑)。オススメ。

 

「禁曜日」ペ·ジンス

禁曜日|完結作品|LINE マンガ

ーー” あなたの想像を打ち砕く、どんでん返しの連続。背筋も凍る恐怖の真髄。 “ (公式抜粋)

怖い ★★★☆☆
グロ ★★★☆☆
ミステリー ★★☆☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★★☆☆☆

このサムネイルも怖ッ!!(笑) 中身はそんなに怖い絵が続きませんがこれも絵柄で好き嫌いがありそう。。
全体通してほぼ1話で完結の漫画です。あまり気負いせず、スナック感覚で「なんかよくわかんないけど不気味」感を1粒1粒楽しめます。
全99話という話数ならでは、作者がやっつけで描いてそうなのもあれば考えさせられるような作品もあります。各話によって好みも別れる世にも奇●な物語的な感じですかね。
まずは1本読んでみて損はないですが、オススメ!という感じでもなく、良い意味で暇つぶしには持って来いな印象です。ちなみに個人的に各どんでん返しはそんなに衝撃でもなかった…かな?作者の趣味全開感が好きです。

 

「人間の森」ファン・ジュノ

人間の森|完結作品|LINE マンガ

ーー” サイコパス殺人鬼を集めておいた収容所のシステムがマヒし、そこから生まれる暴力と死。 “ (公式抜粋)

怖い ★★☆☆☆
グロ ★★★★☆
ミステリー ★☆☆☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★★★☆☆

「悪縁」を描いたジュノ先生のもう一つの作品。同様にサイコパスな悪人を描いたものですが、悪縁を読んだ後でも前でも楽しめます。
本作は設定がとにかく憎めない。プロローグから悪人全員の人物像を一人ひとり魅せてくるあたりもう面白いですね。複数人集まった猟奇殺人犯の中に普通の女の子が投げ込まれ、逃げて隠れて…ハラハラしながらもジュノ先生独特の間が物語を読ませてきます。普通だったはずの女の子の移り変わりもまぁまぁ漫画として無理がなく面白いかなと。妙な人間味がスパイスです。
しかしこの作品で最も面白いのは、収容所の中での恐怖の追いかけっこから脱した後にまだ展開が続くところ。えっこれでオシマイじゃないの?と思ってしまうところでまだ魅せてくるのが良いですね〜。
殺人犯たちが妙に格好良く見えてくるこういう作品はやはりずるい。重要かと思っていた人物が結構簡単にコロッと殺害されるところがリアリティありますね。オススメ。

 

「故郷の花」ハン

故郷の花|完結作品|LINE マンガ

ーー” 秘密、裏切り、そして陰謀。 7年ぶりの里帰り。そこで繰り広げられる一人の男の壮絶な死闘。 傷と苦痛に苦しむ地獄の島の物語。 “ (公式抜粋)

怖い ★☆☆☆☆
グロ ★★☆☆☆
ミステリー ★★★☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★☆☆☆☆

いわゆる、故郷は変なところです系の祟り的なオヤシロさま的なやつかな〜と思いきやクソ野郎どものパラディーゾのご紹介だァ!
設定と絵の完成度で期待感が上がってしまうところが勿体無いなぁ〜…。設定は良いんだけど、入ってこないんだよね。なんか妙に華がない人物たちと冒頭盛り上げた分なんか後半盛り上がらない感。バトル有り、ヤクザ要素あり、謎あり、家族愛あり…色んな要素を詰め込み過ぎたのか…オッサン率が高すぎて感情移入できないのか…ううむ。登場人物が殺されてここまでなんにも感じない漫画も珍しいです。勝手にやってろ感がすごい。
過去に壮絶なことがあり、それが徐々にわかってくる…という一見ワクワクするような設定が不発で終わってる印象があってとにかく勿体無い。コントで一番ウケるはずのところがややウケくらいになっちゃって、そのまま進むしかないというか…。
ただラストの「結局あんたもワルね」と「花の芽は誰が植えたか?」的なところだけは良かったです。エメラルドグリーンをオシャンティに差し入れてくるあたりセンスを感じるので他作品に期待。合掌。

 

「殺人Oモチャ」子魔美

殺人Oモチャ|完結作品|LINE マンガ

ーー” 可愛らしいキャラクターとスリル満点の物語の出会い。 どんでん返しの連続ではらはらどきどき。 “ (公式抜粋)

怖い ★★☆☆☆
グロ ★★★☆☆
ミステリー ★★☆☆☆
感動 ★☆☆☆☆
オススメ ★★★★☆

個人的には好きだし面白いのですが、人にオススメ出来るかどうかと聞かれると良い意味ですんごく悩む一品(笑)。「THE日本の作品じゃない」漫画です。これは日本にない感覚ですね。いや〜斬新。
物語的には通算して”生きるのしんどい人たち”しか出てこず不憫な作品なのですが非常に上手いやり方で、デフォルメされた絵柄で全てが補われています。殺人もバシバシ、猟奇的思考もバシバシ出てくるのにすんなり読めちゃうのにしっかり入ってくる。ただ絵柄のせいか逆に「この人は何だったんだっけ?」的な瞬間がありました。しかしその疑問のまま読み進めても問題ないくらい色んな仕掛けがきちんと構成されています。
あと基本的なコマ割りが四コマなので、圧倒的に読みやすいです。説明文や台詞も変な誇張なくデフォルメされているためわかりやすい。ただただ上手い漫画だなと思います。でも物語を説明せよと言われても出来ない作品だし、簡単に勧められない内容なので良かったら読んでみて下さい(笑)。

 

「100個の願い」蒲郡灰鵡

100個の願い|完結作品|LINE-マンガ

ーー” ある帽子が話しかけてきた。「魔法使いになって、100人を幸せにしたら願い事を叶えてやろう。」と “ (公式抜粋)

怖い ★☆☆☆☆
グロ ★☆☆☆☆
ミステリー ★☆☆☆☆
感動 ★★★☆☆
オススメ ★★★☆☆

ラストはインディーズ作品から1つピックアップ。おそらく日本の作家、蒲郡灰鵡さんの1話完結作品。独特のタッチで描かれる蒲郡ワールドは一見読者を寄せ付けないような退廃的な印象ですが、その書き込まれたキャラクターたちは非常にグッとくる表情を魅せてきます。本作は絵本のようなストーリーでじわりと感動できる中、絵柄やモノクロの雰囲気でどこか不安が残る妙な魅力あり。
正直、今回本作を紹介するかどうか悩んだところなのですが、現在連載中の「この子誰の子?」という作品が個人的にとても好きで楽しみに読ませて頂いているので同じ作家さんで完結作品として掲載致しました。他にもcomicoや少年ジャンプルーキーなどでも作品を配信されているようです。変に血とかでグロさを表現する手法ではなく、あくまでも”可愛いのに不気味”という世界観を貫いて欲しいですね。超個人的にこれからの作品に期待したい方の一人。

以上、今回はミステリー・ホラー部門からお送り。
次は違うジャンルのものをあらかた読破できたらまたレビュー書きま〜す。

 

About the author: AOKO

No comment to “【レビュー】LINEマンガミステリー・ホラー部門 無料マンガ12作”

You can leave a reply or Trackback this post.

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA