簡素な名刺を改善!ダンスインストラクター名刺制作

やほ!歌って踊れるデザイナーAOKO(@aoko_info)です!

ダンスインストラクター様の名刺制作を行いました!

制作意図(バックグラウンド)

名刺(顔)が地味で困っているので改善したい

フリーのダンスインストラクターとして業務しているクライアント様は、営業をされる際にやはり必須な既存名刺の簡素なデザインに困っておいででした。
ダンスインストラクターなのにこれではイメージが伝わらないと改善するためのご依頼です。

コンセプト(要望)

「色味を使った明るい印象」「指導内容をわかりやすく」「イラストを入れて安心できるイメージに」「簡素でシンプルすぎる点を改善したい」とのことから、簡単なラフをクライアント様がご用意くださったため改善設計していきます。

(クリックで拡大)

問題定義

(クリックで拡大)

既存の名刺はとにかく色味がなく、何の印象も無い質素な仕上がりなことにクライアント様は困っておりました。
貰った人が「何も感じないこと」「良い印象は無い」ことが信頼に繋がらず、営業の際も好感が低い。
また、裏面表記の主な指導内容は自身のスキルを現す大切な項目であるはずが読みにくいテキストで非常に残念な思いをされているとのことでした。

イラスト(挿絵)制作

ご自身のお顔や写真は資料としてつけない設計をご要望されていたため、イメージを形成するためにはまずイラストを制作していきます。

シルエットイラスト

名刺自体の”顔”となるため、実際にインストラクター業務をされる際のクライアント様ご本人のシルエットイラストを制作しました。写真代わりに、どんな人がどんなスタイルで行うのか・あるいはどのような業務を行う人間なのかをイメージさせやすくしていくためです。

アイテムを追加

上記のシルエットの他に、クライアント様が使用されるダンスシューズをイラストに起こしました。
業務の際に使用するアイテムを追加することで、さらにイメージをしやすくするものです。

案制作

ロゴタイプ

p3

今までの既存名刺の簡素なイメージを打破するため、お名前でのロゴ制作を行いました。
クライアント様のラフにもあるように、ダンスインストラクターでありながら筆記体を使用し女性らしいシャープで伸びやかな印象を形成しています。且つ、音楽を使用する業務のため、楽しい雰囲気を出すため小さな音符で硬すぎない印象にしています。

A案

(クリックで拡大)

まずはクライアント様が描かれたラフ画を元に、シンプルな形で一案作成いたしました。
クライアント様ご自身がお好みのブルーを基調し、黒・ライトブルーのみでシルエットとお名前ロゴがに視点が行き、どんなスタイルのどんな人物なのかを認識しやすいものにしています。

B案

(クリックで拡大)

上記はクライアント様のラフ画を元に制作しましたが、シンプルで少し寒々しいものになりましたので、それを補う形でのもう1案をお送りいたしました。
「色味を使った明るい印象」をライトブルーでも叶えるため、表面はアクセントとして明るいブルーを使用しました。背景にもシルエットを2体配置し、アクティブに動き回るダンスシーンをイメージさせるものに。
裏面はブルーの印象を全面に出した背景に同色のシューズを配置し、マッドでミニマムな設計にしています。

B案で完成

クライアント様より「アクティブなシルエットと視点を左右にしたビジュアルが良い」とのことでB案で決定しました。
既存のシンプルな名刺から、ポップで安心できるイメージに改善する設計を行った案件でした。

About the author: AOKO

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA